日新酒類株式会社
 
こだわり
阿波山田錦
徳島産阿波山田錦は地元阿波の里の山麓の日当たりと風通しの良い選ばれた土壌で作られ、心白がはっきりしていて、酒の雑味となるタンパク含量が少ないもっとも酒造りに適した酒米です。品質管理の徹底と施肥の工夫で全国的に注目されている阿波山田錦は地域ブランド認定もされています。
阿波町では平成元年頃から山田錦の栽培に着手。熱心な栽培研究を重ねて、年々上質の米が取れるようになった。現在では作付け面積が150町歩を超え、1万俵を超えて収穫されている。栽培農家はユーザーである蔵元の希望を取り入れるため、田植え、稲肥、稲刈りの計3回、現地説明会を開催して意見交換を重ねている。また、一方通行を避けるために冬季の仕込み時期になると蔵元を見学し、品質管理や改良に力を注いでいる。その努力の甲斐あって、現在では全国各地の蔵元が阿波町山田錦を使用。今や阿波町は兵庫と並んで山田錦の産地として知られるようになった。
 
 
 
こだわり一覧
 
 
企業情報 | お問い合せ | お酒を楽しく飲むために | リンク | サイトマップ
日新酒類株式会社
Copyright (C) 日新酒類株式会社 All Rights Reserved.